テレビというメディア、そのメリットについて。

インターネット全盛期と呼ばれる現代社会ですが、それでもテレビというメディアは未だに健在です。
番組で紹介されたお店やサービスはすぐに大繁盛し、ユーザー数が激増します。
未だに大きな影響力と情報伝達力を持っている事の証になります。
またネットに比べて、様々な情報をリラックスした状態で受け取れる、というメリットがあります。
どうしてもスマホやタブレットの場合、自分から積極的にアクセスする必要があり、情報を探すという手間が要ります。
その点、テレビは機器のスイッチをただ押すだけで、自動的に番組が再生され、ニュースやバラエティ番組が簡単に視聴出来ます。
芸能ニュースやワイドショーといった番組はテレビ独自のコンテンツ、なかなかネットではゲット出来ない情報が多々あります。
専門家やコメンテーターの独自性の高いコメントや意見が、まさに無料で聞けるのも、そのメディアの特長です。
今では映像が綺麗なワイド画面の商品や3Dが楽しめる製品もあるので、古くなった商品は早めに新製品に買い替えたほうが、より番組を楽しめるでしょう。

なぜテレビ番組に対する苦情が増えたのか

最近、ネットニュースなどであるテレビ番組がBPO審査された、というようなニュースをよく見かけます。昔はそのようなことを聞いたことすらないという人も多いのではないでしょうか。なぜこのようなことになったのか。その原因を考えてみましょう。まずは、ネットが普及したことがその原因にあげられます。現代は誰にでも情報を発信できる時代であり、ネットニュースではそんなことはニュースにすることなのかと疑問を感じてしまうほどの小さなニュースが取り上げられています。テレビのニュースは時間が、新聞では書ける文字数が限られているため、そのようなニュースは取り上げませんが、時間や文字数の制約がないネットニュースはその制約を受けません。そのことがあらゆる事象をニュースとして取り上げてしまう原因になったのです。二つ目は、視聴者の堪忍袋の尾が切れたということです。これまでは番組に対して不満を感じていても、それをテレビ局に苦情の電話をすることでしか解消できませんでした。だからこそ制作する側としては、特に苦情を気にすることがなかったのです。ですが、現在はBPOという受け皿ができたことによって、その存在が視聴者に知られれば知られるほど、苦情の受け皿は広くなり、今まで不満を持っていた視聴者はここぞとばかりに苦情を入れるようになったのです。そして、ネット時代と相まって、不買運動や苦情の同意を得ることがたやすくなった結果、現在のような状況が生まれました。BPOの存在を広めたのはCMです。そう言った意味で現在の状況は、番組制作側の身から出た錆といえるのかもしれません。

注目サイト

フットサルユニフォームのオーダー専門店
http://meikosport.com/soccer/
スマートフォンのデータ復旧センター
http://mobileforensic.jp/
表参道のショートが自慢の美容院
http://beauty.hotpepper.jp/slnH000191958/
オーダーカーテンの通販ならソラシエル
http://www.rakuten.ne.jp/gold/soraciel/
韓国子供服の通販サイト
http://www.hopping-shop.com/

Last update:2014/10/29